たこ焼きのルーツを思う。犬山祭でたこ焼きまつり?

更新日:


<-- スポンサーリンク -->

犬山祭りで考えました。

平成29年の4月1日、2日に

愛知県の犬山市では犬山祭

開催されました。

 

犬山祭というと、平成28年12月に

「ユネスコ無形文化遺産」にも登録され、

ちょいと話題です。

犬山祭は針綱(はりつな)神社の祭礼で、

13輌の山車(やま)がからくりを披露し、

町内を練る姿が見所です。

山車は関係者の人によると、8メートル程あり巨大!

町中を練っていく様は圧巻です!

そしてものすごい数の屋台!!

犬山駅から本町通りを通って、

からくり披露会場の針綱(はりつな)

神社前の広場までず~~~っと!

屋台やお店でいっぱいです。

 

犬山屋台祭!

といっても過言でないくらい屋台出てます。

りんご飴・もちもちポテト・ベビーカステラ・クレープ

いか焼き・さつまいもスティック・肉巻きおにぎり

串カツ・どて・たこ焼きetc...

 

忙しい、実に忙しい!

右見て左見ての繰り返しになっちゃうので、

首が痛いです!

 

実は私無類のたこ焼き好きでして、

たこ焼きののれんは逃しません。

たこ焼き自体に詳しい訳ではないですが、

屋台だと色々出ております。

ジャンボたこ焼きやら、大阪たこ焼きやら、

明石焼きやらなんやら。

まあとにかくどれも旨いです!

 

一人たこ焼きパーティ~♪

たこ焼きの何が好きかって、まず形ね。

まあるい形、可愛い。愛です。

そして、

アツアツ!外カリッ!

中ふわっ♪タココリコリッ!

濃厚なソース!もうふぁいほうれす!

あ、すいません最高です!

たこ焼き食べちゃいましたヽ(*´∀`)ノ

 

でもやっぱり一番はタコですよね。

あの生地の中にタコ入れた人は天才だと思うのです。

タコのぐにっとした食感で独特じゃないですか。

熱々のタコが先に出ちゃう事もありますけど、

まあそれは愛嬌です。可愛いもんです。



<-- スポンサーリンク -->

たこ焼きのルーツ

「たこ焼き」がどうできたのか

ざっと調べてみたんですが、

そもそも「たこ焼き」として

はじめは存在しなかったようです。

 

大阪の「ちょぼ焼き」

というものから始まるようです。

出典:元祖ちょぼ焼本舗くくる

ちょぼ焼きの段階で既に

くぼんだ鉄板を使用していたようで、

うどん粉を流し込んで、

そこに紅しょうがやコンニャク、

枝豆等を具として入れていたそうです。

 

「ちょぼ焼き」に続き「ラヂオ焼き」。

ラヂオ焼きもくぼんだ鉄板を使うもので、

出汁の効いた生地に、具として

牛すじとこんにゃくを入れていたそうです。

「ラヂオ焼き」という名前は、

当時(明治~大正時代)高価で

ハイカラの象徴であった「ラジオ」の

丸いダイアルに由来して付けられたとか、

ラジオをを聞くときの良いツマミだったとか、

ともかくラジオにまつわるようです。

 

ちょぼ焼き→ラヂオ焼きと続きましたが、

なんとまだタコが出てきません!!

姉さん、事件だす!!

 

そこで出てくるのが「明石焼き」

「たこ焼き」と「明石焼き」は地域が違います。

「たこ焼き」は大阪、「明石焼き」は兵庫です。

そして、なんと,,,

明石焼きにはタコが入っていました!

タコが明石焼きに入った理由も

いくつかあるようですが、

タコが地域の名物だったというのが

大きな理由としてありそうです。

 

そしてある時、

大阪で「ラヂオ焼き」を食べた人が

こう言ったそうです。

「明石では具にタコ入れとるで!」

それから「ラヂオ焼き」に

牛すじとコンニャクではなく、

「タコ」を入れる研究が始まり、

後に「タコ焼き」として

完成していったそうです。

 

たこ焼きは今でこそ手軽で

美味しい人気メニューですが、

ラジオ焼きの頃はたこ焼きほど

人気のあるものではなかったそうです。

 

感想

まさかたこ焼きにタコ入ってなかったとは!

歴史を知ると、明石の名物がタコで良かった~

と思いますね!ヽ(*´∀`)ノ

今のたこ焼きがある事に心から感謝です。

 

こちらの記事もどうぞ~ヽ(´▽`)/

人気の「レインボーラムネ」をふるさと納税で確実に入手!早い者勝ち!!

 

意外と売ってる?レインボーラムネ♪【2018年版】

 

ケーキの缶詰「どこでもスイーツ缶」!防災グッズ・登山キャンプでも活躍?


<-- スポンサーリンク -->

-食品

Copyright© 気になるおんらいん , 2019 All Rights Reserved.