怒りが収まらない!イライラを鎮める簡単な方法。怒りが封印された話。

更新日:


<スポンサーリンク>

「怒り」の悩みを解消する方法。

どうもこんにちは~、ハリーです(๑•̀д•́๑)キリッ

最近仕事がなかなか大変でして、

イライラする事もありました。

今は穏やかさを取り戻しておりますが(^-^;

 

生きていると本当に

色々な事がありますよね~

 

今記事を読んでいる方も

怒りやイライラで悩んで

いるのでしょう。

 

その気持ち、

すっごく分かります(´<_` )

辛いですよね~゚゚(゚´Д`゚)゚

苦しいですよね~(´;ω;`)

でも爆発しすぎないように

耐えているのでしょう。

 

という事で今回は、

少しはお役に立てるかもしれない

実践していてそれなりに効果を得ている

怒り・イライラを鎮める5つの方法

お伝えしたいと思います。

 

怒りが静まるように祈っています(´ω`)

 

 

こちらの記事もどうぞヽ(´▽`)/

「思考」によって「現実」が作られているという事実。

 

「厳しい現実」は変わる!思考と言葉の関係。

 

過去→現在→未来は間違っている!「理想の未来」は夢見るより作った方が健康♪

 

「未来」は見えないだけ!自分の中の「未来」を現実化する為に必要な事。

 

「継続」の秘訣は「使命感」を持つ事?

 

願いを叶える「コツ」は言い訳できない環境を作る事?

 

ドラゴンクエストの勇者のように、たくましく生きる。辛いからこそ「手に入るモノ」

 

変わりたい人へ~全て自己責任だった事に気づき、受け入れよう~

 

 

怒りを鎮める方法①「両手の拳で頭を叩く」

私は正直なところ、

強い怒りは簡単には受け流せない

と思っています。

 

日常茶飯事に起きる些細な事は

「あ~またか」程度で流せますが、

激しい強い怒りやストレスは

なかなかそうはいきません。

 

頭の中だけでは感情を整理できないので

物理的に刺激を与えて、精神的なものから

物理的なものへ意識を変えていきます。

 

両手を握って、関節の尖った所で

頭をコンコンと叩きます。

 

「痛い!!」

と思うくらいは強く叩きましょう。

 

そうする事で、怒りの感情から

痛みの方へ意識を変えられます。

 

不思議なもので「痛み」がある時って

あまり物事を考えられないのです。

しばらく続ける事で、

怒りは薄れる事が期待できます。

 

怒りを鎮める方法②「叫ぶ」

強いストレスを感じた時には

やっぱり大きな声を出す事は有効です。

 

カラオケとかでもいいとは思いますが、

私は言いたい事をそのまま大きな声で

叫ぶ事をおすすめします。

怒りを収める時に我慢はいりません。

 

叫んでもいい場所を確保したら

気持ちを思いっきり凝縮して

叫びましょう。

 

「ふざけるな!!」

 

「いい加減にしろ!!」

 

「消えてしまえ!!」

 

心の浄化ですから、悪い言葉でも

吐き出す事を許しましょう。

自分を守る為の行動です。

 

気持ちがすっきりしたら、

そんな言葉を言うのはやめます。

怒りに振り回されるのは疲れます。

 


<スポンサーリンク>

怒りを鎮める方法③「自己成長を考える」

怒りという感情に振り回されない

自分を作っていく事は、人生において

非常に有効に働いていきます。

 

世界には様々な考え方の人がいて、

感情の衝突も多々あると思います。

その中で毎度毎度怒りに翻弄されて

しまっては、疲弊するし、何の利益も

産んでいきません。

 

「怒り」を感じたら

「怒りをコントロール」できる

たくましい自分になる訓練だと思います。

 

怒りに打ち勝てる自分は、

いつでもどこでも実力を発揮できます。

趣味でも仕事でも成果が出ます。

自分を素直に表現できます。

毎日が楽しくなります。

 

「怒り」はコントロールできます。

イラッ!としたらとりあえず深呼吸です。

「自分は今怒っている。」と感情を感じます。

これさえできてしまえば、

もう感情に支配される事はありません。

 

「怒るのは時間の無駄。」とその感情を

捨てることもできます。

いきなりは難しいかもしれませんが、

間違いなく可能です。

挑戦する価値はあります。

 

怒りを鎮める方法④「自分はすごいやつだ!」と思う。

仕事を任された、押し付けられた、

丸投げされた、というような場合、

怒りを感じる機会は増えてしまいます。

 

最近の私はこのパターンでした。

休みも返上で仕事させられました(´;ω;`)

時間の拘束は非常に辛いものです。

 

長時間のストレスに

耐えなければならない場合は、

自分をめちゃくちゃに褒める事は有効です。

 

「私は優秀なんだ!」

 

「すごいやつなんだ!!」

 

「偉い!!」

 

「天才!!」

 

「自分、神!!(๑•̀д•́๑)キリッ」

 

「年収1億!!」

 

褒めます。

実際褒めるに値する自分です。

怒りの感情に翻弄されず、

愚痴も周囲に言いふらさず、

仕事を受けて、しっかりこなす。

どう考えても偉くて最高の自分です。

 

「自分はすごいやつだ!」

という事を認めちゃいます。(๑•̀д•́๑)キリッ

 


<スポンサーリンク>

怒りを鎮める方法⑤「癒しの音528Hzを聴く」

気分転換に音楽を聴く

という方は多いと思いますが、

癒し効果のある音というのもあります。

 

それが「528Hz」というものです。

「ソルフェジオ周波数」というらしいです。

KinKi Kidsの堂本光一さんも

聴いていた事があるようですが、

様々な癒し効果があるそうです。

 

私も急な仕事をしている時は

どうしてもイライラが取れなかったので

「528Hzの音が何か良い」という事を

知ってからたまに聴いています。

 

「謎の周波数が癒し効果がある」

というのはなんだか胡散臭い話

 

ではありますが、

実際に聴いてみると、なんだかんだで

頭がすっきりするような感覚はあります。

とにかく目的は怒りを鎮める事なので、

怪しいと思おうが思わまいが、

なんでもやってみるのが良いと思います。

 

以下、公開されている528Hzの音の動画を

載せておきますので、一度聴いてみて下さい。

 

「怒り」が封印された話。

私は以前ローカルメディアで

働いていたのですが、

仕事上沢山の人に会いました。

そして、

老人クラブの取材に行った時に、

「怒り」が封印されました。

 

私は先輩社員と同行して

誰にどんな話を聞いて、

どんなルートで何をするか等、

打ち合わせをしていました。

 

その時にクラブの女性から急に

「怒っちゃダメだよ!

 絶対に怒っちゃダメ!

 怒っても良い事ないから!」

両手を強く握られ、

目を見て言われました。

15秒くらいは握られていた

でしょうか。

 

急な出来事と、それまでの行動と

何の脈絡も無かったので、

非常にびっくりしました。

私が不機嫌そうな表情でも

していたのでしょうか?

 

それとも、

その方が何かの力で私が今後

怒りのせいで問題を起こす事など

見抜いたのでしょうか・・・

 

理由は分かりませんが、

その時は、「分かりました。

ありがとうございます。」

と返事だけしました。

 

この出来事はもう10年くらい前の事

でありますが、非常に心に残っており、

その言葉通り、

些細な事では怒らなくなりました。

怒りに近づく度に「怒っちゃダメ!」

の言葉が本当に思い出されるからです。

 

話してくれた人の顔は思い出せない

のですが、握られた手の感触や

かなりの熱量で気持ちを込めて

言われた事をしっかりと覚えています。

 

今の職場ではしっかり「怒らない人」

のイメージがついているようです。

 

あの出来事は一体何だったのでしょう?

「怒りにくい人」にしてくれた

事には非常に感謝しています。

年齢も名前も分からない女性、

感謝しています。

 

記事を見てくれている人にも

同じような人が現れてくれると

いいなと思うばかりですが、

怒りを封印される側でなく、

封印する側にはすぐにでもなれる

と思うのです。

 

身近に怒りやストレスを溜め込んで

爆発しそうな人はいないでしょうか。

そんな人がもし近くにいるのなら

伝えてあげて欲しいです。

 

「怒っちゃダメだよ!

 絶対に怒っちゃダメ!

 怒っても良い事ないから!」

 

こちらの記事もどうぞヽ(´▽`)/

「思考」によって「現実」が作られているという事実。

 

「厳しい現実」は変わる!思考と言葉の関係。

 

過去→現在→未来は間違っている!「理想の未来」は夢見るより作った方が健康♪

 

「未来」は見えないだけ!自分の中の「未来」を現実化する為に必要な事と励ます言葉。

 

「継続」の秘訣は「使命感」を持つ事?

 

願いを叶える「コツ」は言い訳できない環境を作る事?

 

ドラゴンクエストの勇者のように、たくましく生きる。辛いからこそ「手に入るモノ」

 

変わりたい人へ~全て自己責任だった事に気づき、受け入れよう~

 

 


<スポンサーリンク>

-心理

Copyright© 気になるおんらいん , 2019 All Rights Reserved.