お金は「呼び方」を変えれば執着が減る?「おかね」=「ミッキー」?

更新日:


<スポンサーリンク>


お金が使えない・執着=不安・恐怖

どうもこんにちは~、ハリーです(^^)

今回は「お金」について書きますよ~

お金って色々なものと交換できる

価値があるから、どうしても

手放せなくなってしまいますよね(^-^;

 

お金減ると選択肢が減る・・・

生活不安・・・将来も不安・・・

お金があれば安心・・・

だから、使えない(;´д`)

たとえ貯金が何百万あったとしても・・・

 

お金が使えない・執着してしまう人

お金=不安・恐怖という、

苦しいイメージを持っています。

 

その為、欲しいものを我慢する、

大切なものすら安く済ませる、

無料で手に入れようとする、

などの行動を選んでしまいます(;゚Д゚)!

 

お金を使わない・執着する事って

悪い事ではありません。

しかし、お金を使わないと、

価値のあるものは手に入らず、

結果的に幸せも

遠のいてしまいかねないのです。

 

そこでお伝えしたいのが、

「お金に執着しにくくなる方法」です。

私が編み出しました~ヽ(*´∀`)ノ

 

具体的な内容は

以下をご覧いただきたいのですが、

「おかね」という「呼び方を変える」事で、

「おかね」が使いやすくなるのです。

しかも、使う事自体で幸せを感じられます(^^)

 

実践してみてください。

「お金」の捉え方をちょっと変えるだけで

お金への執着や使えない気持ちが

軽くなっていくはずですヽ(´▽`)/

 

こちらの記事もどうぞ~ヽ(´▽`)/

ローラの生き方リスペクト。夢は驚きの○○!!夢を叶える人生の中身。

 

本気で変わりたい人。「全て自己責任」な事に気づけば変わる!

 

自己満足が良い4つの理由。実はみんな自己満足を目指している。

 

「ワクワク!ドキドキ!したい」なら作りましょ(^O^)

 


<スポンサーリンク>

お金に執着しにくくなる方法「おかね」の「呼び方を変える」。

お金に執着しにくくなる方法

「おかね」という呼び方を、別のものに変える事です。

 

お金が使えない人は、「おかね」と聞いた時、

生活・費用・支払い・ローンなど

「不安・恐怖」を感じています。

だから使えないのです。

 

という事は、

「おかね」という呼び方をしなければ

恐怖や不安は感じないのです。

これ発見ですヽ(*´∀`)ノ

 

「おかね」の呼び方を変える時のポイント。

ではどのような「呼び方」に変えるのかというと、

ポイントが6つあります。

・自分にとって重要すぎない言葉。

・自分が聞いて心地よい言葉。

・自分以外の人も聞いて喜びそうな言葉。

・変える呼び方に対して「贈る」が適合する。

・通貨イメージとは遠い言葉。

・「形」は抵抗感の無いもので考える。

以上6点です。

 

「おかね使う」を「ミッキーを贈る」に変える。

私の場合、どのような呼び方の変えたのか。

それは「ミッキー」です。

ディズニーのあの「ミッキー」ですヽ(*´∀`)ノ

「おかね」を「ミッキー」と呼ぶ事にしました。

そして、

何かの価値と交換する際には、

「ミッキーを贈る」とします。

「使う」ではなく「贈る」です。

 

「ミッキー」に対し私が持つイメージは、

世界で愛されている人気者。

会えれば嬉しいし、

会えなくてもまあまあ大丈夫(^-^;

もし人に紹介できたとしたら

相手は喜んでくれそう、

というようなものです。

 

何かを手に入れる時には

「ミッキー」を「贈ります。」

コンビニ・スーパー・レストラン

映画館・旅行に、ミッキーヽ(*´∀`)ノ

 

お店もミッキーが沢山集まって、

嬉しいでしょうヽ(´▽`)/

そう感じられる事が重要です(^^)

 

「ミッキー」という呼び方だと

沢山所有するより誰かに贈った方が

価値があるような気もしてきます(^ω^)

 

ちなみに、

「ミッキーの形」はまるっこくて

可愛いフィギュアのイメージです。

ツムツムみたいなヽ(´▽`)/

 

いかがでしょうか?

「お金を使う」と「ミッキーを贈る」

捉え方は変わってきませんか?ヽ(・∀・)ノ

「ミッキー」という通貨は存在しません。

存在しないものは、すぐに実感を持てません。

実感を持てないものは、簡単に手放せるのです。

もともと所有している感覚が薄いからです。

 

「お金に執着しにくくなる方法」発見のきっかけは海外通貨。

海外旅行に何度か行ったことがあるのですが、

海外では物を買ったり、サービスを受けるのに、

現地通貨を使用しなければいけません。

 

日本円を現地通貨に変換して、

旅行を楽しむわけですが、旅を終えた時に、

お金が余ってしまう事があります。

日本円に戻すには少なすぎるような額です。

 

カンボジアに行った時には

「円」を「リエル」に変換したのですが、

使い切れずそのまま日本に持ち帰りました。

記念に、という意味もありました。

 

帰宅した時に荷物の整理をしますが、

その時に「リエル」はテーブル脇に

置いておきました。

 

この時点でちょっとおかしかったのですが、

「リエル」は「実際に使えるお金」

なのです。にも関わらず、

むき出しの状態で置いておいたのです。

「日本では使えないお金」という

認識があったからです。

 

実際に使えるお金なのに、日本で使えないから、

誰かに取られても良いような

むき出しの状態で「リエル」を置く。

お金なのに捨てたような状態です。

 

使えるお金であるのに、

「日本で使えない」と認識した事で

「価値としては、ただの紙」

になってしまったのです。

 

認識の仕方によって

価値が変わってしまうのです。

 

「お金に執着しにくくなる方法」は

この「認識の仕方で価値が変わる」事に

注目して作り上げました。

 

この方法を作って、実行したとたん、

少し大きなお金が使えるようになりました。

10万・20万というような額です。

 

もちろん車を買ったり、

家賃を払ったりしているので、

合計数百万円は使っているのですが、

普段「安く済みそう」と思っている事には

想定以上のお金はなかなか使えないのです。

 

これも不思議な話で、

車を買う前に、誰かに言われたり、

自分で調べたりして

「新車は100~150万円で買える」

と思い込んでいると、なんの躊躇もなく

150万円というような高額も使えたりするのです。

 

すべて「認識・思い込み」なのです。

 

「認識・思い込み」を変えれば

価値観は全く異なってしまうのです。

 


<スポンサーリンク>

最後に

今回の「呼び方変える」

というのは一つの方法ですが、

「認識・思い込み・価値観」は

自分で変えられるのです。

 

何かで苦しんでいる時は、

「自分の思い込み」が邪魔を

している可能性があります。

そんな時は「思い込みは変えられる」

という事を思い出して欲しいです。

 

「お金を使えない」と悩んでいる方は

今回の方法で解決できるはずです。

 

苦しい時は変化できる方法を

いろいろ探してみてください。

自分は変われますヽ(*´∀`)ノ

 

こちらの記事もどうぞ~ヽ(´▽`)/

ローラの生き方リスペクト。夢は驚きの○○!!夢を叶える人生の中身。

 

変わりたい人へ~全て自己責任だった事に気づき、受け入れよう~

 

自己満足が良い4つの理由。実はみんな自己満足を目指している。

 

「ワクワク!ドキドキ!したい」なら作りましょ(^O^)

 


<スポンサーリンク>

-心理

Copyright© 気になるおんらいん , 2019 All Rights Reserved.